栗山さんのボローニャ旅 ☆〜 Il viaggio di Kuriyama san a Bologna

ボローニャに、私の初めてのお客様、栄養士で料理家の栗山さんが東京からいらっしゃいました。
栗山さんは料理の世界でお仕事をされており、ポルトガル料理の専門家です。
資料作成の為、しょっちゅうポルトガルに滞在され、文化を学んでいらっしゃいます。そして現在、ボローニャ料理の何種類かを学ばれることを決心されました。
彼女のサイトの数々、特にブログは常に更新されており、彼女のここボローニャでのニホン・ボとの体験をご覧になれます。

HP http://castanha-2.petit.cc
ブログ http://ameblo.jp/castanha/
facebook http://www.facebook.com/LiShanZhenYouMeiLiaoLiJiaoShiAmigosDeliciosos

ボローニャに到着、ホテル・ドラッペリエ
http://ameblo.jp/castanha/entry-11680171523.html

ここ、ボローニャには私達の共通の親愛なる友人がいます。
ブログはこちらです。yspringmind.blog.fc2.com
どうぞ宜しくお願いします~☆

私は歓迎の夕食をオステリア・カペッロ・ロッソで、お別れ会をリストランテ・アル・カンピオーネで催そうと考えました。何故なら、この2つのレストランは、ニホン・ボのパートナーで、日本の顧客の皆さんを特別に待遇させて頂く為に、特別メニュー、ささやかなプレゼントと共にリザーブしており、そしてこの度、栗山さんはオステリアのスペシャル・メニューを無料で試食をすることが出来、ベッベ・シニョーリ氏のサイン入りのレストランの葉書を受け取る事が出来ました。

この二夜は、大変楽しく、素晴らしかったです。そして栗山さんが早くボローニャに戻られることを期待しつつ・・・。

b0300547_4583169.jpg


b0300547_4593365.jpg


b0300547_52527.jpg


b0300547_53537.jpg


b0300547_55454.jpg


b0300547_552937.jpg


b0300547_56113.jpg


b0300547_563792.jpg


b0300547_571829.jpg


b0300547_57276.jpg


b0300547_58391.jpg


b0300547_582146.jpg


b0300547_59616.jpg

A Bologna è arrivata la mia prima cliente, Kuriyama san, dietista e chef coordinator, da Tokyo.

Kuriyama san lavora nell'ambito della cucina, ed è specializzata in quella portoghese. Spesso ha soggiornato in Portogallo per documentarsi e studiare questa cultura, e ora ha deciso di imparare anche qualche piatto della cucina bolognese.
Visitate i suoi siti, e in particolare il suo blog, per rimanere sempre aggiornati e per vedere le sue esperienze qui a Bologna con Nihon-Bo.

HP http://castanha-2.petit.cc
ブログ http://ameblo.jp/castanha/
facebook http://www.facebook.com/LiShanZhenYouMeiLiaoLiJiaoShiAmigosDeliciosos

Arrivo a Bologna, Albergo delle Drapperie:
http://ameblo.jp/castanha/entry-11680171523.html

Qui a Bologna abbiamo una cara amica in comune, visitate il suo blog: yspringmind.blog.fc2.com, per favore.. ☆〜(ゝ。∂)
E ho pensato di organizzare una cena di benvenuto, all'Osteria Cappello Rosso, e una di arrivederci al Ristorante-Enoteca Al Campione, poiché sono partner di Nihon-Bo riservano un trattamento speciale per la clientela giapponese, con menù dedicati e piccoli souvenir, e anche in questa occasione Kuriyama san ha potuto assaggiare gratuitamente la specialità dell'osteria e ricevere una cartolina del ristorante autografata da Beppe Signori.

Sono state serate molto divertenti e belle e spero che Kuriyama san torni presto a Bologna.. ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogramのブログランキング
[PR]

# by Nihon_bo | 2013-12-04 05:10 | お客様

Museo del Parmigiano Reggiano パルミジャーノ・レッジャーノ博物館

4番目の、そして最後の食物博物館はパルミジャーノ・レッジャーノに献じられています。

b0300547_1302086.jpg


ソラーニャ(パルマ)の街にあるメリ・ルピ城内に位置し、何世紀にも渡ってこのチーズを製造する為に利用されてきました。

b0300547_1311768.jpg


b0300547_1314150.jpg


b0300547_1321688.jpg


牛乳がどのようにチーズに変わり、どのように形成され、どのように数年に渡って保存するのかを
訪問者に展示しています。

b0300547_1333987.jpg


b0300547_1342510.jpg


b0300547_1345293.jpg


博物館の資料の収集は、パルミジャーノ・レッジャーノを製造する全ての5つの県で実施され、

b0300547_1353927.jpg


b0300547_136568.jpg


発見された資料の数々は、主に19世紀後半と20世紀前半の期間に位置しています。

b0300547_1364747.jpg


b0300547_137131.jpg


訪問の最後には、パルミジャーノ料理を試食し、そしてチーズにちなんだいくつかのお土産物を購入することが出来ます。

b0300547_138925.jpg


b0300547_1383020.jpg


では皆さん、博物館のオフィシャルサイトから引用したレシピです。

バルバビエトラ・ロッサ(ビーツ)、オレンジ、パルミジャーノ・レッジャーノのサラダ

材料4人前
茹でたビーツ 400g
皮を剥いて薄切りにしたオレンジ 2個
クルミの核心 30g
パルミジャーノ・レッジャーノの薄片 70g
オレンジの汁 2さじ
レモン汁   1さじ
エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 2さじ
塩、胡椒


ビーツを薄切りにし、盛り付ける皿の上に薄切りのオレンジと共に盛る

前もって175度に温めておいたオーブンで、クルミを焼き色が付く直前まで約10分間ローストする

細かくみじん切りにし、ビーツとオレンジの上に散らす

小さなボウルにオレンジの汁、レモン汁、塩を入れ、極少量のオリーブオイルを徐々に加え、混ぜ続ける

サラダの上にその混合したものを注ぐ

パルミジャーノの薄片をふりかけ、胡椒を加え、直ちにサーブする

ブオン・アッペティート!さあ召し上がれ 〜☆

b0300547_1394556.jpg


b0300547_1401064.jpg


b0300547_1404257.jpg


ニホン・ボでは全ての食物博物館への小旅行を企画しており、チーズ工場、ワイン醸造所への訪問と一緒に、又は地元特産物を供するレストランでの昼食を組み合わせることが可能です。
顧客の皆さんは、購入や配送のお手伝いのサポートを受けられます。

b0300547_1411837.jpg


b0300547_1414517.jpg


Il quarto e ultimo Museo del Cibo è dedicato al Parmigiano Reggiano.

Situato nella cittadina di Soragna (Parma), all'interno del castello Meli-Lupi, utilizzato per secoli per produrre questo formaggio.

La visita mostra come il latte di trasforma in formaggio, come si fanno le forme e come si conserva il Parmigiano negli anni.

La raccolta del materiale del museo si è svolta su tutte e cinque le provincie in cui il Parmigiano-Reggiano è prodotto e gli oggetti reperiti si collocano per lo più nell’arco temporale compreso tra la seconda metà dell’Ottocento e la prima metà del Novecento.

Al termine, si può degustare un piatto di parmigiano e anche acquistare qualche piccolo souvenir dedicato al formaggio.

Eccovi allora una ricetta presa dal sito ufficiale del museo:

Insalata di barbabietole rosse, arance e Parmigiano-Reggiano

Ingredienti per 4 persone
400 g di barbabietole rosse cotte
2 arance sbucciate e affettate
30 g di gherigli di noci
70 g di lamelle di Parmigiano-Reggiano
2 cucchiai di succo d’arancia
1 cucchiaio di succo di limone
2 cucchiai di olio extravergine di oliva
sale, pepe

Affettare le barbabietole e sistemarle assieme alle fette di arancia sul piatto di portata. Fare tostare le noci in forno pre riscaldato a 175° per circa 10 minuti, fino a quando non saranno leggermente abbrustolite. Tritarle finemente e spargerle sulle barbabietole e sulle arance. In una piccola terrina versare il succo d’arancia, il succo di limone e il sale, quindi aggiungere gradatamente l’olio a filo, continuando a mescolare. Versare il composto sull’insalata. Cospargerla con le lamelle fini di Parmigiano, aggiungere il pepe e servire immediatamente.

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogramのブログランキング
[PR]

# by Nihon_bo | 2013-12-02 01:43

Museo del Pomodoro ?? トマト博物館

3つ目の食物博物館はトマトに献じられています。

b0300547_23573412.jpg


トマト博物館はパルマ県のコッレッキオにあるコルテ・ディ・ジアロラと呼ばれる中世の修道院だった建物内にあります。

b0300547_23584971.jpg


トマトはパルマで何故このように有名なのか、産業や地域へどんな貢献をもたらしているか説明されており、博物館訪問は国際的なタッチを帯びています。

b0300547_23584912.jpg


b0300547_2359659.jpg


b0300547_2359287.jpg


b0300547_23595232.jpg


b0300547_001582.jpg


b0300547_004791.jpg


b0300547_011024.jpg


それだけでなく、皮剥きトマトとトマトピューレを入れていた古い容器や缶詰と、トマトが貢献した広告やマーチャンダイジングを保存する広いスペースが与えられています。

b0300547_03477.jpg


b0300547_032913.jpg


b0300547_03514.jpg


b0300547_041444.jpg


b0300547_043583.jpg


b0300547_045619.jpg


b0300547_051721.jpg


b0300547_054081.jpg


今回も皆さんに博物館のオフィシャルサイトから引用したトマトをベースにしたレシピを転記しますね。

緑のトマトのフライ

4~6人分材料

大きな緑のトマト 6個
小麦粉 125g
卵 4個
ビール 90ml
パン粉 300g
フライ用オリーブオイル 500ml


前もって、3種のボウルを用意しておく。 (小麦粉、溶きほぐした卵とビール、パン粉)
トマトを1cmほどの厚さのスライスにし、洗って水を切る。
良く水切りし、小麦粉をまぶし、卵に浸して、パン粉にまぶす。
2度目は卵とパン粉の工程を繰り返す。
前もってフライパンで暖めておいた油で1度に4,5切れのトマトを約10分揚げる。
新たに揚げる前に、油から残りかすを取り除く。
吸水紙で油を切って、塩を振る。熱いうちに供する。

ブオン・アッペティート!さあ召し上がれ 〜☆

ニホン・ボでは全ての食物博物館への小旅行を企画しており、チーズ工場、ワイン醸造所への訪問と一緒に、又は地元特産物を供するレストランでの昼食を組み合わせることが可能です。
顧客の皆さんは、購入や配送のお手伝いのサポートを受けられます。

Il terzo museo del cibo è dedicato al Pomodoro.
Il Museo del Pomodoro è situato in una corte, detta Corte di Giarola a Collecchio, Parma.
La visita ha un tocco internazionale, poiché viene spiegato come mai il pomodoro sia così famoso a Parma, quali contributi abbia portato alle industrie e al nostro territorio.
Non solo, grande spazio è dato alle vecchie scatole e latte che contenevano i pomodori pelati e le conserve e al contributo del pomodoro nel mondo della pubblicità e del merchandising.
Anche questa volta vi riporto una ricetta a base di pomodoro, presa dal sito ufficiale del museo:

Pomodori verdi fritti

Ingredienti per 4/6 persone:
6 grossi pomodori verdi
125 grammi di farina bianca
4 uova
90 ml di birra
300 g di pane grattato
500 ml di olio di oliva per friggere
sale


Predisporre entro tre differenti ciotole: la farina, le uova sbattute con la birra, il pane grattugiato. Tagliare i pomodori, lavati e asciugati, in fette di circa 1 cm di spessore. Asciugarle bene, passarle nella farina, quindi immergerle nell’uovo e impanarle. Ripetere una seconda il passaggio nell’uovo e nel pane. Friggere in una padella con l’olio precedentemente scaldato 4/5 fette alla volta e cuocerle per circa 10 minuti. Rimuovere eventuali residui dall’olio prima di una nuova frittura. Scolare su carta assorbente e salare. Servire caldi.

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogramのブログランキング
[PR]

# by Nihon_bo | 2013-11-28 00:06 | 美術館・博物館

Museo del Salame Felino ?? フェリーノ・サラミ博物館


私達の行程は2つめの博物館に続きます。
フェリーノ城(パルマ)にあるフェリーノ・サラミ博物館です。

b0300547_20354561.jpg


訪問はお城にある貯蔵庫から始まり、そこではサラミの誕生と歴史を文書、絵画、パネル上に見られる彫刻など、様々な歴史的証言を介して見いだすことができます。

b0300547_20364069.jpg


台所へ進むと、"豚肉屋"が、古い道具や調理器具で全てのサラミをどうやって家で作ったのか段階を追って説明しています。

続いて、初期の機械設備のイメージとサラミ商業の始まりに進みます。

b0300547_2037522.jpg


最後に、古代と今日の生産技術に関するビデオを座ってゆっくりと観て頂く為の最終の部屋があります。

b0300547_20394151.jpg


フェリーノのサラミはその混合の甘さと風味のバランスによりサラミの"王子様"と呼ばれています。

b0300547_20405124.jpg


さあ、それでは皆さん、博物館のサイトに公表されているレシピです。

フェリーノのサラミとモッツァレッラ・チーズのボッコンチーニ

※ボッコンチー二とは食べやすい一口大の物を指します

3人分
粉末アーモンド 100g
一口大のモッツァレッラ・チーズ 10個
フェリーノ・サラミ 10切れ
パンをトーストしたもの 2切れ
卵 2個
エキストラ・ヴァージン・オイル 4さじ分

パンをトーストしたものを崩し、先に挽いたアーモンド粉と混ぜる。
卵を割り、攪拌する。一口大のモッツァレッラを最初に卵に通し、それからアーモンドとパンの粉末をまぶす。3度繰り返す。各々のモッツァレッラを楊枝に刺し、一枚のバジルコを加える。モッツァレッラを油を入れたプライパンで揚げ、吸水紙で油切りをする。各モッツァレッラにフェリーノサラミを一切れずつ加え、供する。

ブオン・アッペティート!さあ召し上がれ 〜☆

b0300547_20414113.jpg


ニホン・ボでは全ての食物博物館への小旅行を企画しており、チーズ工場、ワイン醸造所への訪問と一緒に、又は地元特産物を供するレストランでの昼食を組み合わせることが可能です。
顧客の皆さんは、購入や配送のお手伝いのサポートを受けられます。


Il nostro itinerario continua nel secondo Museo del Cibo: il museo del salame felino, presso il Castello di Felino (Parma).

La visita inizia nelle cantine del castello, dove si può scoprire la nascita e la storia del salame, attraverso varie testimonianze storiche come scritti, quadri, sculture visibili su vari pannelli.

Si prosegue nelle cucine, per spiegare, fase dopo fase, come i "norcini" preparassero in casa tutti gli insaccati, con vecchi strumenti e utensili.

In seguito, si passa alla visione dei primi macchinari e l'inizio del commercio dei salami.

Per finire, ci si accomoda nell'ultima sala, per vedere un video sull'antica tecnica di produzione e uno sulla produzione odierna.

Il salame felino è chiamato il "principe" dei salami, per la dolcezza del suo impasto e l’equilibrio del suo sapore.
Eccovi allora una ricetta, pubblicata dal sito del museo:

Bocconcini di Salame di Felino e mozzarella

Per 3 persone
100 g di mandorle macinate
10 bocconcini di mozzarella
10 fette di Salame di Felino
2 fette di pane tostato
2 uova
4 cucchiai di olio extravergine di oliva

Sbriciolate il pane tostato e mescolatelo alle mandorle precedentemente macinate; a parte sbattete le uova. Passate i bocconcini di mozzarella prima nelle uova e poi nel composto di mandorle e pane; ripetete l’operazione tre volte. Infilate ogni bocconcino su uno stuzzicadenti e aggiungetevi una foglia di basilico; friggete le mozzarelle in una padella con l’olio, scolatele e asciugatele con la carta assorbente. Aggiungete a ogni bocconcino una fetta di Salame di Felino e servite.

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogramのブログランキング
[PR]

# by Nihon_bo | 2013-11-25 20:44 | 美術館・博物館

Museo del Prosciutto −☆ プロシュット博物館

プロシュット博物館にようこそ!

b0300547_17171323.jpg


プロシュット博物館のあるランギアーノという村から私達のツアーを始めましょう。

b0300547_17181948.jpg


博物館は、プロシュット・ディ・パルマ(パルマ産生ハム)とエミリア・ロマーニャの他のタイプの特産サラミの歴史と全ての加工製法について物語り、説明しています。

b0300547_17191630.jpg


パネルやヴィデオ視覚によって、何故豚肉は私達の台所の王様であるかを理解することが出来ます。また、農家によって使われた古い道具の全てと初期のスライサーが訪問者の為に展示されており、最後の部屋は、博物館を訪問した後に一息つきたい人誰しもが生ハムを基本にした料理の試食が出来るよう供されています。

b0300547_17203669.jpg


b0300547_17205782.jpg


b0300547_17211978.jpg


b0300547_17214655.jpg


b0300547_17221138.jpg


b0300547_1722346.jpg


b0300547_1723050.jpg


最後に、皆さんに博物館のオフィシャル・サイトから引用したレシピを残しますね。

イチジクとプロシュット・ディ・パルマのリゾット

材料 4人前
カルナローリ米 320g
良く熟した緑のイチジク 6個
バター 50g
みじん切りにした玉ねぎ 50g
白の辛口ワイン
野菜のブロード 1ℓ
プロシュット・クルード・ディ・パルマ(パルマ産生ハム)100g
---可能であればスライスしていないそのままのもの
カレー粉、塩、胡椒

キャセロール(蓋付き厚手鍋)に玉ねぎのみじん切りとバターを入れ、炒める。
お米を加えて炒め、コップ半量の白ワインを注ぎ、それを蒸発させ、少しずつ熱いブロードを加え、煮る。お米に火が通ったら、皮をむいてキューブ状に刻んだイチジクと千切りにした生ハムを加える。混ぜて、お皿に盛って熱が取れるまで置いておく。
お好みでカレー粉、胡椒をふりかけ、サーブする。
ブオン・アッペティート!さあ召し上がれ♪

ニホン・ボでは全ての食物博物館への小旅行を企画しており、チーズ工場、ワイン醸造所への訪問と一緒に、又は地元特産物を供するレストランでの昼食を組み合わせることが可能です。
顧客の皆さんは、購入や配送のお手伝いのサポートを受けられます。


Benvenuti al Museo del Prosciutto!

Iniziamo il nostro tour dal paesino di Langhirano, dove c'è il museo del prosciutto.

Il museo racconta e spiega la storia e tutti i procedimenti di lavorazione del Prosciutto di Parma e di altri salumi tipici dell'Emilia-Romagna.
Attraverso dei pannelli e la visione di video, si può capire perché il maiale è il Re della nostra cucina.
Inoltre, tutti i vecchi strumenti utilizzati dai contadini e le prime affettatrici sono in mostra per i visitatori e l'ultima sala è dedicata alla degustazione di piatti a base di prosciutto crudo per chiunque voglia fermarsi dopo la visita.

Per finire, vi lascio una ricetta presa dal sito ufficiale del museo:

Risotto ai fichi e Prosciutto di Parma

Ingredienti per 4 persone
320 g di riso Carnaroli
6 fichi verdi maturi
50 g di burro
vino bianco secco
50 g di cipolla tritata fine
1 l. di brodo vegetale
100 g di Prosciutto crudo di Parma, possibilmente tagliato in una unica fetta
curry, sale, pepe

Imbiondire in una casseruola la cipolla tritata con il burro. Aggiungere il riso e farlo tostare, bagnarlo con mezzo bicchiere di vino bianco, lasciarlo evaporare e aggiungere a poco a poco il brodo caldo e portare a cottura. Quando il riso è pronto, aggiungere i fichi sbucciati e tagliati a tocchetti e il prosciutto tagliato a julienne. Mescolare e distribuire nei piatti, lasciandolo intiepidire. Spolverizzare con curry e pepe a piacere e servire.

Buon Appetito!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogramのブログランキング
[PR]

# by Nihon_bo | 2013-11-23 17:25 | 美術館・博物館